飛田新地、新世界、ミナミ 2/3

新世界ゾーンに入ってきました。この投稿は、飛田新地、新世界、ミナミ 1/3の続きです。

nishinari_24
人生でやり残したこと、まだまだあります。新世界国際は普通の映画を上映していますが、その地下にある新世界国際地下では『一夜のよがり泣き』『白衣にしみる愛液』『交尾をあさる女』の3本立てでエロ映画を上映しています。

nishinari_25
この辺の飲食店の名物は、串カツ、ふぐ、スッポンです。生きたスッポンを店先で泳がしている飲食店がチラホラあります。

nishinari_27
nishinari_26
新世界に到着しました。

nishinari_28
新世界に来たらスマートボールは必修でしょう。勝てばお菓子に交換できます。初期のパチンコというのはこういうものだったのでしょう。

nishinari_29
ジャンジャン横丁にも寄り道します。囲碁、将棋を刺す風情ある風景を堪能できます。

nishinari_30
今回は通天閣に登ります。数十年ぶりです。

飛田新地、新世界、ミナミ 1/3

地方から遊びに来た友人や、外国人に大阪観光案内することになった。

あなたならどーする?

私ならこうします。

nishinari_01
早朝の飛田新地、料亭百番より大阪ディープツアー始まります。ヤクザ屋さんや、やり手ババア屋さんに絡まれるとアレなので飛田新地の写真はこれ1枚です(笑) ちなみに飛田新地は朝の9時ぐらいに到着でしたが、2店開いていました。今回のツアーは飛田新地→新世界→ミナミという順番で回りましたが、ミナミ→新世界→飛田新地という順番にして、飛田新地が一番盛り上がる時間帯にツアーのフィナーレを飾るのも良いかもしれません。

nishinari_03
飛田新地を通りぬけ、西天下茶屋の銀座商店街へ。飛田新地とあいりん地区をつなぐ、結構な長さがある商店街です。

nishinari_04
nishinari_05
nishinari_06
1970年代で時間が止まっていて、超がつくレトロを感じさせてくれます。世界遺産ならぬ下町遺産、まるで20世紀少年のともだちランドのような世界へあなたを誘います。

nishinari_02
あなたの人生でやり残した事は何ですか?私は色々ありますが、そのうちの一つが『飛田東映』と『トビタシネマ』に行くことです。歳を重ねれば重ねるほど人生の短さに驚かされます。やり残しにならないよう、近々潜入レポートしてみたいと思います。それにしても、火・金の500円か毎日オールナイト興行の800円か迷うな〜。

nishinari_07
最近、あいりん地区は安宿を求めるバックパッカー達の聖地となりつつあるようです。

nishinari_08
日本がもっと観光立国化すれば、タイ、バンコクのカオサンロードのようになるかもしれません。

nishinari_09
最近話題の「生活保護」です。あいりん地区を歩くと、いたる所でこのような貼り紙を見かけます。良いか悪いかは置いておいて、この街の基幹産業であることは間違いありません。

nishinari_10
阪堺電車 南霞町。1990年の西成暴動の際に、旧駅舎が放火され焼失、現在の駅舎は仮設営されたものだが、そのまま現在に至る。

nishinari_11
ここは覚せい剤一掃宣言地域であります。

nishinari_12
nishinari_13
nishinari_14
金属のさび具合、雑草の茂り具合、道路のすすけ具合、どれもこれも味わい深いです。

nishinari_15
nishinari_16
nishinari_17
阪堺電車 今池駅

nishinari_18
nishinari_19
コインロッカー100円、販売機は50円〜。悪いお薬の売買場所でコインロッカーがよく使われるそうです。

nishinari_20
nishinari_21
あいりん地区の目抜き通りとアジ看板。

nishinari_22
太子交差点より、あべのハルカスを臨む。

nishinari_23
次の目的地、新世界と通天閣が見えてきました。