聖地巡礼の旅 舞鶴鎮守府を訪ねて②

舞鶴の自衛隊桟橋で護衛艦を見学しに行く時は
是非、この場所にも立ち寄る事をお勧めします。

海上自衛隊第23航空隊
略して23空と言うそうですよ。

IMG_0060

 

土日を中心に見学を許可してくれますが、詳細は23空のHPで事前に
確認して行かれた方がいいです。

門の所で、先ず氏名 住所 電話番号等を記載して
見学証をゲットしてください!!費用はかかりません。

IMG_0094

そして、案内に従って、格納庫へ移動します。

すると!!!!
IMG_0062

いきなりこの光景は、反則でしょ!テンションあがりますよ!

IMG_0065

どうです!この世界観。
正にアニメ!

IMG_0069

フォントにも萌えます。”海上自衛隊”

IMG_0081
SH-60K というヘリだそうです。

IMG_0076

操縦席の扉です! おおおお。この世界観。。

IMG_0077

操縦席

IMG_0093

救難用のウェットスーツにダイビング器材
海上保安庁じゃないけど、海猿セット!

ここの基地は、色々カッコいいんですよ。
その、デザインが。

例えば

IMG_0098

23空の消防車の消防車

IMG_0105

23空の消防服

IMG_0108

23空の消防服 その2

IMG_0110

23空の愛車
真ん中に、小さく海上自衛隊の錨のマーク。

という訳で、短い見学時間ですが
十分に堪能させていただきました。

色々見させていただいた23空の皆様に
敬礼!!!

聖地巡礼の旅 舞鶴鎮守府を訪ねて①

どーーーん!!
いきなり、凄い迫力でテンションがあがります。

DSC01070

ここは昔から、軍港として栄え、今も海上自衛隊の基地として使われています。
C86のコミケでも艦これの同人誌や艦娘のコスプレをされた方々もたくさん目にしました。

京都府舞鶴にやってきました。聖地巡礼 舞鶴鎮守府です。

先ずは、自衛隊桟橋(北吸桟橋)を見学です。
見学は土日がメインで、見学できる時間も決められています。
必ず事前に海上自衛隊のHP等で確認されてから行った方がいいです。

受付をすませ、見学許可証をいただきます。

IMG_0008

IMG_0015

先ず出迎えてくれたのが 護衛艦しらね です。
結構歴史のある大型の艦です。
白の制服姿の水兵さん達に声をかけると
何と、下まで降りてくださり一緒に写真をとってくれました。

そのサービス精神たるやに、敬礼!!

DSC_1099

おおきい。。

IMG_0020

続きまして、イージス艦あたごです。

愛宕です。

060

おおきい。。

艦これでは、おっぱいのお化けです。おっぱい怪獣。アタゴン。

IMG_0026

90式艦対艦誘導弾 の発射筒

IMG_0027
上の写真の六角形の板がSPY-1レーダーです。

同時に200もの標的を追尾できる正にイージスの目
もっと詳しく知りたい方は、海上自衛隊に入隊されるか
かわぐちかいじの漫画”ジパング”でも、読んでみてください。

IMG_0029

補給艦ましゅうです。

アメリカの同時多発テロの後、アメリカを中心として
多数の国の海軍がインド洋に派遣されました。
海上自衛隊もまたインド洋に派遣されて補給活動を行います。
このましゅうも派遣されて洋上給油活動等を行いました。

この時のニュースは日々追いかけていたのですが、
パキスタン海軍がとても印象的でしたね。

最初から日本の海上自衛隊が後方支援してくれなきゃ
絶対に参加したくないとか言い出す始末なのです。

自衛隊が洋上給油を行った実績としては、
アメリカ軍に次いでパキスタン軍が堂々の第2位。
むしろ、パキスタン海軍は、自衛隊からしか補給を受けなかった云々、、、
対テロ特別措置法が期限切れとなり
ましゅうがインド洋での最後に給油した船もパキスタン海軍だったそうです。

最後の給油を受けるとき、パキスタン海軍は、
なんと君が代を演奏しながら近づいてきたそうです。
しかも恐ろしくテンポの速い感じで。

そして給油。

自衛隊の最後の任務が終わると
パキスタンの艦船のクルー達から
JAPAN!JAPAN!の大合唱が沸きあがったそうです。

自衛隊に対して最大限に発揮してくれた
このパキスタン海軍のリスペクトに感謝です。

中には、だまされるな!
日本の高品質の石油だけが目当てだったんだよ!
とかいう人もいますが、
私は単純にパキスタンという国が、
同じアジアの国として日本に親近感を持ち、海上自衛隊と日本の事が好きだった
これが一番しっくりと来ますがどうでしょうか!

IMG_0040
ましゅうの給油施設です。数年前のインド洋のニュース覚えてましたよ!

桟橋にいた3隻に堪能しました。
舞鶴にお越しの際は、是非桟橋へどうぞ!

さて、いきなりですが、
日本の海軍における魂ともいうべき御飯と言えば????
カレーです。

艦上勤務が長く続くと曜日の感覚が分からなくなるという事で
金曜日には必ずカレーを出す習慣があるというのは有名な話ですね。

私の友人にも海上自衛隊勤務の方がいますが、
機密事項が多いのであれこれ自衛隊の内容についてはあまり話しませんが
うちの艦のカレーはな・・・、ほんでなぁ、、、、と事カレーの事になると長い!!!
やはりこういう所にも、海軍の伝統は受け継がれているエピソードですね。

また、一人暮らしをした男子諸君は、
はじめての自炊でチャレンジしてみた夕飯その1は
やっぱりカレーじゃないでしょうか?
そして、次はハヤシライスですかね。

カレー
ハヤシライス
カレー
クリームシチュー
カレー

とこういう感じで
肉とジャガイモとニンジンとルーの扱いに慣れてきたら
そろそろ、これが頭にひらめくのじゃないでしょうか?

”肉じゃが”

実はここ舞鶴は日本で最初に”肉じゃが”が発祥した地なのです。

肉じゃがという料理は、ある意味、日本にカレーライスが定着した後
生まれるべくして、生まれてきた日本食だなとつくづく思います。
もし、舞鶴で肉じゃがが生まれて無かったら??
おそらく、早かれ遅かれ横須賀か呉か佐世保あたりで必ず誕生していたに違いないでしょう。

肉じゃがは、カレーを極めたなら、作ってみたくなりますもの。

IMG_0055
左 自衛隊Tシャツ 右 自衛隊タオル

自衛隊グッズが近くの山崎Yショップで販売しています。
私は、ここで”海軍魂Tシャツ”と”海軍カレー(2食入り)”をお買い上げしました。

IMG_0056

買わなきゃ、損ですよ!!!